東京・福生市で発生した事件が「複雑すぎてわけがわからない」と話題になっているようだ。

 

画像出典:Amazon/羊たちの沈黙(特別編)

 

各社の報道によると、11月12日5時半ごろ、「父が頭から袋をかぶり、血を流して倒れている」と通報があり、駆け付けた警察官により、“頭からポリ袋を被った男性の遺体”が発見された。

と、ここまではよくある事件なのだが・・・。

なんと、“遺体の顔の皮膚が刃物のようなもので剥がされていた”というのだ。

これでかなり猟奇的な事件のように見えるが、複雑さはまだまだ続く。

死亡したのは、現場のマンションに住む38歳の男性で、通報した28歳の男性と2人暮らしており、“養子縁組”をしながら“交際関係”にあったようだ。

そして、死亡した男性は性転換手術を受けて、性別を男性に変更していたとのこと。

さらに、同居していた養子で恋人の28歳の男性は“女性ホルモンを投与していた”というのだ。

さまざまな事柄や事情が複雑に覆いかぶさっていて、まったく頭に入ってこない・・・。

 

顔の皮膚剥がされ・・・東京・福生のマンションで変死体(15/11/13)

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照:産経ニュース/死亡したのは性転換した住民男性38歳 女性ホルモン投与の養子男性が死亡の経緯知る? 警視庁が事情聴取
参照:毎日新聞/変死:38歳住人と確認、死因調査 東京・福生
参照:YouTube(ANNnewsCH)
画像出典:Amazon/羊たちの沈黙(特別編)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)


この記事に関するまとめ