紙媒体である新聞には、事件記事の他に社説や寸評などのコラムがつきものである。

新聞を購読している人の中にはこうしたコラムを楽しみにしている読者が少なくないが、ある新聞に載せられたコラムの巧みな文章が注目を集め、絶賛の嵐となっている。

まずは、Twitterユーザーの公認会計士 武田雄治(@takeda_cfo)さんが紹介したコラムに目を通していただきたい。

 

この文章は読売新聞の朝刊1面コラム『編集手帳』に、2月15日付で掲載されたものである。

俳人の中原道夫氏による句の紹介に始まり、辞書に収録された言葉を“隣人”に比喩、さらに事件の紹介から時節の話題へと変化する構成は見事であり、まさに起承転結を知りぬいた文章ということができるだろう。

ある種の凄みすら感じさせるコラムの妙には、Twitter民からの数多くの反響が寄せられた。

 

■Twitterの反応

 

 

 

 

 

 

 


 

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。








この記事に関するまとめ