悲しいけれど、これが現実。

みなと (@minato_y_)さんが以前耳にした“婚活話”が、Twitterで共感と賛同の声を集めている。

なんでもそれは、婚活に勤しむも実らない女性が、コンサルタントへ怒りをぶつけた際の会話だったらしい。

「35歳くらいまでの理解があって家事負担もちゃんとする男性はいないの?」

その質問にコンサルタントの答えは「そういう男性はもう町でベビーカー押してますので」。

そう、もうすでにそのような“良い男性”には相手がいるというのだ。

婚活という場にきた時点で、上記内容の望みが叶う可能性は低かったのだ・・・。

 

■Twitter上での反応

 

 

 

 

 
※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。








この記事に関するまとめ