ある新聞の読者からの投稿内容に、批判が集まっている。

投稿者は70代の男性で、息子(30代)がうつ病だと診断されたという。それまで、息子を徹底的にしつけて、「逆らうとたたいたり殴ったり」したと記している。

まったく悪気がないようなのだが、全文は以下になる。

 

70代の男性。

30代の息子がうつ病と診断されました。私の言葉の暴力が原因だと言われショックです。

息子は気が弱く優しい性格です。立派な大人にするため、子どもの頃は剣道、水泳を習わせ、家庭教師をつけました。

息子のためと思い、逆らうとたたいたり殴ったり厳しくしつけました。おかげで一流企業に勤めています。悪いことをしたとは思っていません。

子は親に従い、妻は夫に従うべきだと思います。

先日、息子が「会社に行くのがつらい。休職したい」と言うので、「うつ病など根性がたるんでいる」と言いました。

息子は「もう追い詰めないで。母さんにも同じ事をしないでほしい」と言います。本人のための助言を、言葉の暴力だといわれるのが理解できません。

家族への接し方が間違っていたとは思いません。ぜひ専門の方に助言をいただきたいです。

(東京・D男)

 

客観的に見て、息子や妻を追い詰めているのは男性側なのだが、自分が悪いとはまったく思っていないようだ。

「私の言葉の暴力が原因だと言われショックです」「家族への接し方が間違っていたとは思いません」といったように責任を認めていないことがわかる。

 


これに対して、医学博士でエッセイストの海原純子さんが回答しているようだ。非常に的確な指摘なので、ご紹介したい。
 

就職先だけを見れば間違ってないでしょう。

しかし、自分の望む生き方を選び人生に満足しているかという点で大いに疑問がある。

一流企業に勤めるだけが立派な大人ではない。

ご自分の価値観を子や妻に押し付けるのは間違いで相手の人生を否定することになりますよ。

あなたの奴隷ではなく、自分の価値観に従って人生を選ぶひとりの人間です。

ご自分の価値観を認めてもらえず、反論すると叩かれ殴られたら、どうなさいますか?

息子さんがうつになるのも理解できます。

どれだけ我慢し続けてきたか想像してください。休息が不可欠です。

今回の病気は、安心して自分の人生の方向を考える機会になる。

一方あなたは、一流企業に勤めていなくても、人生に充実感を持ち社会参加している人と関わったり、自分と違う価値観の人の意見を聞く機会を作ることを勧めます。

引用:別館.net.amigo

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照:別館.net.amigo
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。








この記事に関するまとめ