アメリカでパスワード管理アプリを開発するSplashData社が、2015年の「最悪パスワード」ランキングを発表した。

 
画像出典:TeamsID

年に一度発表されるワーストランキングだが、1位は3年連続で「123456」に輝いた。まさか、絶対にダメだろう! とおののきつつ、25位までをざっと見てみよう。

 
Worst Passwords of 2015
1位 123456
2位 password
3位 12345678
4位 qwerty
5位 12345
6位 123456789
7位 football
8位 1234
9位 1234567
10位 baseball
11位 welcome
12位 1234567890
13位 abc123
14位 111111
15位 1qaz2wsx
16位 dragon
17位 master
18位 monkey
19位 letmein
20位 login
21位 princess
22位 qwertyuiop
23位 solo
24位 passw0rd
25位 starwars
※太字は初登場
 

SplashDataによると、2015年の傾向としてはパスワードが以前より少し長くなったこと、トレンドの言葉としてスター・ウォーズ関連が初ランクインしたことがあげられている。

これらは年間200万件のパスワードの盗用事例を分析したもの。

パスワード設定のとき、12文字以上、数字と文字のミックスで、同じパスワードをほかのサイトで何度も使わないようにといった注意書きがあるが、このランキングを見るにつけ、パスワードを記憶することへのユーザーの悲鳴が聞こえてくるようでもある。なんとか良い方法が設けられてほしいものだ。

 
(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:TeamsID/Announcing Our Worst Passwords of 2015
参照:PRWeb/SplashData’s fifth annual “Worst Passwords List” shows people continue putting themselves at risk
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ