今年4月、東京都新宿区の東京医科大学病院で手術中、女性患者の腸内ガス(おなら)が医師の使用していたレーザー照射により発火した事故を覚えているだろうか。この事故により、女性患者は腰や足などに火傷を負ってしまったという。

たかがおなら、されどおなら。おなら一つで重大な事件・事故を巻き込まれる可能性は誰でもあるのだ。そこで今回は、“おなら”にまつわる騒動・事故・事件をご紹介したい。これを読んで、“おなら一つで世界が変わってしまう恐怖”を実感してほしい。

 

画像出典:oddee.com

1 おならで退場

スウェーデンのサッカー選手、Adam Lindin Ljungkvistは試合中に放屁し、それを審判に感ずかれた。その結果、レッドカード、退場である。「スポーツマンとしてあるまじき行為!」。それがレッドカードの理由だった。それからというもの、この選手は非難の的となってしまったという。

「お腹の調子がよくなかったんだ」と試合中に放屁した理由を話していたそうだが、まさか退場になるとは・・・。

 

画像出典:oddee.com

2 おならがアソコから・・・

この女性は大腸がんの手術を受けたが、なんと手術ミスにより、腸が膣につなげられてしまったという。術後、おならが女性器部分から出ていることに、本人が気づいたのだ。

病院側はミスを認め、賠償金を払ったという。その後、彼女のおならはちゃんと肛門から出るようになったのだろうか。

 

画像出典:oddee.com

3 拒まれたのでおならで復讐

とあるスウェーデンの男女の話だ。互いに知り合いだったこの二人だが、男が肉体関係を持とうと誘ってきたので、女性がそれを拒否したそうだ。

その結果、男は激怒し、彼女の部屋に思い切り放屁。あまりの臭さに女性が警察を呼ぶ大騒動となった。

 

画像出典:oddee.com

4 おならで閉店準備

閉店時間になっても居座っている客にしびれを切らした店のオーナーが、店内に放屁し、客を退出させる手段に出た!

あまりの臭さに急いで店から出ていく様子は非常に面白いので、こちらの動画をご覧いただきたい。

 

 

 

画像出典:oddee.com

5 おならで刃傷沙汰

2013年5月、アメリカのフロリダ州で当時37歳と53歳の男女がお金の件でもめ始めたという。そのまま喧嘩はエスカレートし、酒に酔っていた男性はその勢いでだろうか、女に向かって放屁した。すると女はバカにされたと激怒し、台所にあった包丁を男性に投げつけたのだ。

男性は包丁が腹部に刺さったまま外へ逃げ出し、命に別状はなかったというが・・・おなら一つでこんな事件になるとは・・・。

 

画像出典:oddee.com

6 抗議でおなら活用

アメリカの民主党所属の政治家、バーニー・サンダース氏の支持者がどんでもない反クリントン運動に出ていた。なんと民主党全国大会でクリントン氏に反対するため、おならを使った反対運動を実行していたのだ。

あらかじめ、おならが出やすいように繊維たっぷりのものを食べて臨んだというから驚きだ。

 

画像出典:oddee.com

7 おならで裁判へ

22歳のこの男は近所の子供の顔におならをふきかけたことで児童虐待で起訴された。理由は“子供の健康に害が及ぶかもしれないことをしでかしたから”というもの。被害者の少年によれば、男は少年のすぐそばでパンツを脱いだので「なんでパンツ脱いでんの?」と尋ねようとした矢先、顔の前で放屁されたという。

「あいつ、殴ってくるし、なによりおなら攻撃野郎なんだ。他の子にも同じことやってたもん!」と少年はかなり怒っていたそうだ。

 

いかがだっただろうか?

どうやらおならを何かしらの“武器”として使うのは男性が多いようだが、臭さで勝負するなら便秘になりがちな女性の方に軍配が上がる気がしてならない。

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典・oddee.com/10 Crazy (But Real) Stories About Farting
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)


この記事に関するまとめ