怪獣「リザードマン」。その2m超の竜人の新たなる目撃情報が寄せられた。

 

画像出典:Mirror

リザードマンはアメリカ・サウスカロライナ州にある小さな町ビショップビル付近に存在する沼地スケイプ・オアに生息していると信じられている。

最初に目撃されたのは30年前だが、このほどサラ・ベラさんがリザードマンの姿をカメラに捉えた。

彼女は、日曜日に友人と教会に行ったとき、木々の間を走っているリザードマンを目撃! あわてて携帯のカメラでリザードマンを撮影したという。

撮影された写真には両手両足に爪を備え、筋肉質な竜人の姿が写っている。

沼地スケイプ・オアは過去30年間にリザードマンの目撃が一番多い場所で、デイビスという男性が1988年に目撃したのが最初の目撃例だ。

デイビスさんが道路にて車のタイヤ交換を行っていると、物音が聞こえた。振り返ると突進してくるリザードマンの姿があらわれ、デイビスさんは自分の車へと向かった。

デイビスさんが車を発進させようとしているその時、リザードマンは車に飛び乗ろうとした。デイビスさんはなんとか逃げ出せたものの彼の車の屋根にはリザードマンの爪跡がはっきりと残っていたそうだ。

その後mリザードマンの爪は石膏で型取りされ、リザードマンの生け捕りには100万ドルの懸賞金が出されることとなった。

確定ではないもののリザードマンではないかと疑われていた目撃例としては、2011年にビショップビル在住のカップルが目撃したケースがある。彼らの車が一晩中リザードマンに襲われたと主張。車には複数の爪跡が残されていた。

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:Mirror/Is this the mythical Lizard Man of South Carolina? New picture could solve 25-year mystery
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)


この記事に関するまとめ