少し前から注目を集めている軍隊用の非常食、通称“ミリ飯”であるが、日本以外のミリ飯も見てみたいと思ったことはないだろうか?

今回はユーチューバーが実際に各国のミリ飯を取り寄せて試食してみた感想をご紹介したい。

さて、まず最初はカナダから始めよう。

 

1 カナダ

画像出典:mirror.co.uk

ハンバーガーと豆サラダ。ピーナッツバターキャンディ、バニラコーヒーがセットになったハンバーグミリ飯。ハンバーグのパテがとても柔らかく、豆サラダが特においしかったようだ。

 

2 日本

画像出典:mirror.co.uk

自衛隊の・・・ではなく、一般的な非常食だが、自衛隊で供されているものと非常に似ているとのことで取り寄せてみたという。メニューはタコライス。20分間茹でてから食べるものらしい。感想は「めっちゃうまい!! 日本のものはメニュー全部がうまい!」とのこと。満足していただけたようで何より。

 

3 イタリア

画像出典:mirror.co.uk

パスタ、ソーセージ、ビスケット、フルーツの缶詰で構成されたイタリアミリ飯。見た目はかなりおいしそうだが、「自分の口には合わなかった」そうだ。

 

4 ポルトガル

画像出典:mirror.co.uk

こちらはポルトガルのミリ飯なのだが、驚くなかれ。なんと3682カロリーもあるのだという。いわしのトマトソース漬け、豚ひき肉のチリソースなど、こちらも見た目はおいしそうだが、感想は「肉は一体どこにあるんだよ・・・」と残念な結果だった模様。

 

5 イギリス

画像出典:mirror.co.uk

ラム肉のキャセロールとかためのプリンのデザート。まるで日本の給食のような見た目だが、味は「うすい。もっと味付けが必要だ」とのこと。

 

6 ドイツ

画像出典:mirror.co.uk

煮込んだ肉とトマトのシチューのメインディッシュに、ドイツのパン『ミッゲンロッシュブロート』とガムまで付いてくるドイツのミリ飯。かなり量が多そうだが、肝心のお味は「うん、シチューはしっかりトマトの味がついてる。肉はかたいけど、本物の肉。理想的」だそうだ。

 

7 エストニア

画像出典:mirror.co.uk

エストニアのミリ飯はパンの缶詰、アヒルのパテ、トマトソースのミートボール、クラッカー、キャラメル。正直、あまり見た目はよくないが、味は結構イケるそうだ。特にミートボールは絶品だという。この他にも豆とハムのサイドメニューもあり、全体的に満足できる食事内容となっている。

ざっと7カ国を紹介してきたが、いかがだっただろうか?

この7カ国の中では日本とドイツが高評価と言えるだろう。機会があれば、是非とも食べてみたい。

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:mirror.co.uk/Hamburgers to canned bread: Soldiers’ rations from around reviewed to give insight into what they eat in field
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)


この記事に関するまとめ