ドイツ西部のアールバッハ地区はトウモロコシ畑が広がっています。

このトウモロコシ畑に一夜にして巨大なクレーターが出現しました。

2019年6月23日午前4時頃、地震を思わせるかのような揺れがありクレーターが現れたようです。
 


 


 
クレーターが出来た理由は、第二次大戦時の不発弾が爆発したためです。たった一個の不発弾でこれだけ大きなクレーターが出来てしまうのですから、いかに爆弾の威力が大きいのかが分かりますね。

爆発で出来たクレーターの深さは4m、幅は10mにもなりました。約250kgの不発弾が爆発したと見られています。

こんな不発弾がまだ残っていると知らずに暮らしているのは、なんとも恐ろしいことですね。

 

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。








この記事に関するまとめ