何気なく使っているシンプルなものから、飾り文字などの華やかなものまで多数存在しているフォント(書体)。

そもそも、フォントとは読めなければ意味のないものなのだが、なんと「日本人にだけ読めないフォント」というものが存在し、Twitterなどで話題になっているというのだ!!

 


さあ、これが読めるだろうか?

一見、漢字? 片仮名? かと思いきや、はっきり言って意味不明な謎言語の羅列にしか見えない・・・。

答えは??

 




 

HEY GUYS
CAN’T YOU READ
THIS SENTENCE?
WHY CAN’T? ‘CAUSE YOU ARE JAPANESE

 

話題のこのフォントは「Electroharmonix」と名付けられたフォントで、漢字や片仮名を使ってアルファベットに置き換えている。

なので、無意識にそのまま日本語として認識してしまう日本人には、読むのがとても難しいのだ。

 


このフォントの制作者はカナダ・トロント出身のRay Larabieさん。フォントデザイナーとして、現在は名古屋に拠点を置いているようだ。

そして、この“日本人にだけ読めないフォント”「Electroharmonix」もRayさんのサイトで配布中だ。

ちょっとした暗号作りに使えるかも!?

気になった方はダウンロードしてみてはいかがだろうか?

 

関連:TYPODERMIC FONTS

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。








この記事に関するまとめ