東京の稲城市役所で11月30日、放火事件が起こったが、その一部始終が動画におさめられていた。

 

 

TBSの報道によると、渡部政行容疑者(47)はヘルメットをかぶった状態で市役所に侵入。職員の名前を大声で叫びながら、灯油のような液体をまいて放火した。

動画では、火が出た瞬間が映し出され、職員はパニック状態に。庁舎内は煙が充満していることがわかる。その後、渡部容疑者はパトカーで逃走を図るが、警察が取り押さえられた。

スマホの動画で撮影されており手ブレが激しいが、現場の緊迫感が伝わってくる。

稲城市無職の渡部容疑者は、100万円の税金を滞納していた。今年9月中旬に督促されて、市役所に対して「殺すぞ!」といった脅迫電話をかけていたことがわかっている。

取り調べに対し、渡部容疑者が「事件は忘れた」と供述しているという。

 

画像出典:YouTube(shin isogai)

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照:産経ニュース/【稲城市役所放火】「訓練かと思った」「大声で名前叫んでいた」 悲鳴響いた庁舎
参照:TBS Newsi/稲城市役所放火容疑の男「事件は忘れた」と供述
参照・画像出典:YouTube(shin isogai)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)




この記事に関するまとめ