秋葉原のビルの壁に沿って行くと、小さな神社があるのをご存知だろうか。神社の名は、花房稲荷神社。

日頃は通りから見ることができないこの神社は、今、囲んでいた建物の取り壊しによってその全貌が見られるようになっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次にこうして見られることはあるのだろうか、それとも、神社がこの地面を離れ、屋上などに遷されることもあり得るのか。街の景色がまた変わった頃、秋葉原を散策する際には、思い出してみてほしい。

 
※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。








この記事に関するまとめ