両足につけてぴょんぴょん跳ねる靴『フライングシューズ』などが有名なドクター中松さん。発明家であり実業家の今年91歳になるおじいさんだ。

そんな彼の素顔に迫ったドキュメンタリームービーが、今世界中で話題になっているのだ。

 

 
画像出典:YouTube(Great Big Story)

 
画像出典:YouTube(Great Big Story)

 
画像出典:YouTube(Great Big Story)

 
画像出典:YouTube(Great Big Story)

くだらな・・・ユニークな発明が多い印象のある中松さんだが、手動の灯油ポンプの原理やIBMが開発したフロッピーディスクの一部特許使用契約と、真面目で我々にとってかなり関わり深い発明もされているスゴい方なのだ。

そんな中松さんはインスピレーションを得るために金ピカのトイレに入ったり、潜水しながら発明アイデアの練ったり・・・

その私生活はかなりぶっとんでいた。笑

しかし自身が患ったガンにさえも自身の発明を通して力強く立ち向かう姿勢、『発明を通して人々を幸せにしたい』という純粋な思いが伝わり、再生回数は伸び続け世界中から好評価を得ている。

90歳を超えているとは思えないエネルギッシュさ。これからも元気に多くの発明を生み出していただきたい。

 
(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(Great Big Story)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ