「白いカップに淹れると、コーヒーは苦く感じる」
 
 
あるバリスタの発言がきっかけとなり、オーストラリア・フェデレーション大学とイギリス・オックスフォード大学の研究チームはある実験を行った。
 
 
青、白、透明という3種類のマグカップにいれたコーヒーを36人の被験者に飲んでもらい、
 
濃さや甘みの感じ方について回答してもらった。
 
 

画像出典:MailOnline

 

すると、透明のカップよりも白いカップのコーヒーのほうが「濃さ」を感じる。
 
そして白いカップよりも青・透明のカップのコーヒーのほうが「甘さ」を感じるという回答が得られた。
 
 
特に青いカップでは甘みを強く感じることができるようだ。
 
 

画像出典:MailOnline

 

研究者らによると、コーヒーの茶色が苦味に結びつきやすく、白いカップは「茶色」が映えるため苦味を感じやすくなるのではないかという見解を出している。
 
 
味の好みによってマグカップの色を変えてみると、コーヒーをより美味しく味わうことができるかもしれない。
 
 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:MailOnline/Is your coffee too bitter? Change the colour of your cup! Blue and transparent mugs make drinks taste sweeter
参照:カラパイア/コーヒーカップの色でコーヒーの味が変わる?カップの色で苦味と甘味の感じ方が変わることが判明(豪研究)
サムネイル画像出典:DEMI TASSE… by rosablu1012 (standby mode)(Flickr)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ