学校や職場で起こるいじめは、いったいなぜ起こるのか。
 
 

東京海洋大学客員准教授のさかなクンによる、2006年12月2日の朝日新聞に掲載された文章が、今も多くの共感を呼んでいます。
 
 

自身の体験をもとにした、いじめの本質をとらえた内容ですので、ご紹介させていただきたいと思います。
 
 
 
 

——————————————————

広い海へ出てみよう

 
 

中1のとき、吹奏楽部で一緒だった友人に、だれも口をきかなくなったときがありました。いばっていた先輩(せんぱい)が3年になったとたん、無視されたこともありました。突然のことで、わけはわかりませんでした。
 

でも、さかなの世界と似ていました。
 

たとえばメジナは海の中で仲良く群れて泳いでいます。せまい水槽(すいそう)に一緒に入れたら、1匹を仲間はずれにして攻撃(こうげき)し始めたのです。
 

けがしてかわいそうで、そのさかなを別の水槽に入れました。すると残ったメジナは別の1匹をいじめ始めました。助け出しても、また次のいじめられっ子が出てきます。
 

いじめっ子を水槽から出しても新たないじめっ子があらわれます。
 
 

広い海の中ならこんなことはないのに、小さな世界に閉じこめると、なぜかいじめが始まるのです。同じ場所にすみ、同じエサを食べる、同じ種類同士です。
 
 

中学時代のいじめも、小さな部活動でおきました。ぼくは、いじめる子たちに「なんで?」ときけませんでした。
 

でも仲間はずれにされた子と、よくさかなつりに行きました。学校から離れて、海岸で一緒に糸をたれているだけで、その子はほっとした表情になっていました。話をきいてあげたり、励ましたりできなかったけれど、だれかが隣にいるだけで安心できたのかもしれません。
 
 

ぼくは変わりものですが、大自然のなか、さかなに夢中になっていたらいやなことも忘れます。大切な友だちができる時期、小さなカゴの中でだれかをいじめたり、悩んでいたりしても楽しい思い出は残りません。
 

外には楽しいことがたくさんあるのにもったいないですよ。
 

広い空の下、広い海へ出てみましょう。
 
 

(朝日新聞2006年12月2日掲載)
——————————————————

 
 

魚に例えたアツく優しいメッセージ。
 
 
2015年7月5日、岩手県の矢巾町で中学2年生の男子生徒がいじめを苦に自殺をしました。2015年3月に発生した「川崎中1殺害事件」や、2011年の「大津市いじめ事件」なども記憶に新しいところです。
 
 

そして、いじめは学校だけの話ではなく、職場、住んでいる地域、家庭など、あらゆるコミュニティーで現在も発生しています。
 
 

相談に乗ってくれる存在がいれば・・・。もっと広い世界があることを知っていれば・・・。
 
 

さかなクンのメッセージが、胸に深く刺さります。
 
 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照:朝日新聞/いじめられている君へ
画像出典:Amazon/さかなクンのさかなレシピ―日本一の魚通が教えるギョギョうまっ!なおかずたち
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)

 








この記事に関するまとめ