フォレスターのCMが物議を醸している。
 

CMはスピッツの名曲『渚』が使用され、非常にさわやかな雰囲気なのだが・・・。

内容は、夫がサーフィンにはまって、妻と息子と一緒に海岸へ。寒い冬であるにもかかわらず、無邪気にサーフィンに挑戦する夫を見守るというもの。

帰りは、妻が運転。疲れた夫と息子は後部座席で寝ている。

これがネット上で、夫の行動が傲慢すぎるのではないかと批判が集まっているのだ。

 


無邪気な夫に対して、妻への負担が大きく見えてしまったことが炎上の要因のようだ。

一方でいいCMだと感じる人もいるようだ。
 


これが、理想の家庭像とは言いがたく、少なくとも多くの人の共感は得られない。過去にもサイボウズやルミネなど、CMが炎上したことがあるが、共通しているのは“時代遅れ感”があることだろう。男社会の感覚をそのまま現代の夫婦や女性の働き方に当てはめると、現実とのギャップを感じてしまい、拒否反応が出てくるようだ。

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(SUBARU On-Tube)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。








この記事に関するまとめ