ダイドードリンコ株式会社は7日、大阪市内60台の自動販売機に試験的に導入していた無料傘貸し出しサービス『レンタルアンブレラ』を、2016年度は“関西エリア”に拡大して実施すると、発表した。

 

画像出典:ダイドードリンコ株式会社

 

『レンタルアンブレラ』は、誰でも無償で傘を借りることが可能なサービス。後日、借りた自販機まで傘を戻せばオッケー。

6月7日より、サービス対象エリアを、大阪府・京都府・和歌山県などの関西エリアに拡大、最大170台の自動販売機に設置する予定。

また今回は、資源の有効活用、環境負荷低減という観点から、駅や電車での「忘れもの傘」をリサイクルし、“レンタル傘不足時の補充用”として活用。

「忘れもの傘」については、対象エリアとなる“近畿日本鉄道株式会社”が協力することも合わせて発表した。

画像出典:ダイドードリンコ株式会社

画像出典:ダイドードリンコ株式会社

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参考・画像出典:ダイドードリンコ株式会社
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ