海って本当にすごい。殊に、巨大魚や巨大クジラ、巨大イカなど・・・デカイ物を生み出す環境はこれ以上にはないと言っても過言ではないかもしれない。

そんな巨大物を生み出す海のレジェンドだが、今回もその伝説に新しい記録が加わることになった。

 

画像出典:dailymail.co.uk

こちら、一体何なのかおわかりになるだろうか?

これ、実は真珠なのである。フィリピンのパラワン島沖で地元の漁師さんが約10年ほど前に偶然見つけた巨大な二枚貝の中に入っていたのだ。

その重さ、なんと34キロ。幅は30センチ、長さ67センチ。もしかすると世界最大級かもしれないこの巨大真珠の価値は、なんと日本円にして約100億円!!

しかしこの巨大真珠を発見した当の漁師さんはこれほど価値のあるものだとわからなかったようだ。とりあえず「縁起がいいもの」と思ったのだろう。今までずっとお守りとして自室のベッドの下に置いておいたそうだ。

そして、最近になって地元観光局の人間の目に留まり、「この地の観光の目玉にしたい」との要請を受け、一般公開された。

さあ、今後心配なのは、こんなすごいものがこのまま平和的に一般公開されるだけで終わるだろうか、ということだ。その価値、100億円である。強盗に狙われたりしないよう、観光局も協力して警備しなければならないだろう。

 

画像出典:dailymail.co.uk

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:dailymail.co.uk/Fisherman found giant 34kg pearl worth $100million – but kept the two-foot long gem under his bed for TEN YEARS as a good luck charm
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ