この飛行機のパイロットが所属している会社がなくなる為、その最後のフライトだったらしい。

普通に着陸するかと思いきや、そうは行かなかった。

 

 
風が乱れて着陸できない、などといった旋回とはわけが違う。

明らかに着陸する直前に、再浮上して旋回している。

最後の記念にこういった行為を行ってしまったようで、彼は処分を受けたようだ。

いくら記念だからといった、乗客の命を危険にさらし、不安にさせてまですることではない。

こんなパイロットがいる飛行機には乗りたくないものだ…

 
(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(Jule T.)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)


この記事に関するまとめ