昔学校の授業で『三重点』というものを習ったのを覚えているだろうか?覚えている人も忘れてしまった人も、改めてみると面白い現象だ。

三重点は平たく言うならば、水の場合『水』『氷』『水蒸気』が同時に存在する温度と圧力のこと。

『氷』『水蒸気』が同時に!?一体どういうことか?動画で見てみよう。

 

 
画像出典:YouTube(UCSC Physics)

 
画像出典:YouTube(UCSC Physics)

 
画像出典:YouTube(UCSC Physics)

 
画像出典:YouTube(UCSC Physics)

我々の周りにあるあらゆる物質は固体・液体・気体と温度によってその形質を変えることは周知の事実。

それぞれの境目である融点と沸点は交わることがないように思えるが、気圧という条件を加味していくことで『三重点』が生まれるのだ。

水の場合は、温度が0.01度かつ圧力が0.006気圧の状態が三重点となる。

少しずつ凍っていくのに、同時に少しずつ沸騰して気泡ができてくる様子が動画からも見て取れる。

最終的にはほぼ全体が凍ってきているのに気泡が発生し、氷がパカパカなる状態に。

ちなみに『熱いの?冷たいの?』という疑問もありそうだが、温度自体は0.01度なので当然冷たい。

昔ならった現象も、こうして改めて見ると面白い。三重点の他にもこういった面白い現象はまだまだありそうだ。

 
(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(UCSC Physics)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ