斬新という度を超えて、常識的に少々おかしい名前「キラキラネーム」。新たなキラキラネームを聞くたびに、その発想に驚いてしまう。

現在2017年度のキラキラネームの傾向のツイートが話題となっている。

 

 

 
どうやら最近のブームは「下ネタネーム」のようだ。

遊び感覚なのかバカなのか、両方なのか。一体親は何を考えているのだろうか。

否、何も考えていないからこんなことができるのだろう。

これには非難のコメントが殺到している。

 

 

 

 

 

 


 
キャラクターの名前もすでにアウトだが、下ネタはさすがにダメだろ・・・。

「悪」や「死」を連想する名前は役所で止められるが、それ以外に関しては明確な基準がないのが現状。

なぜこんな名前たちが受理されてしまうのだろうか。

一般的な倫理に基づいた基準を早く設けてほしいところ。

ちなみに、きちんとした理由があれば役所で本名の改名は可能なので、キラキラネームという重荷を背負ってしまっても希望を捨てずに生きていってほしいと願わんばかりだ。

 
※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。








この記事に関するまとめ