画像出典:写真AC

 

“食文化”は国によって違うもの。

日本では、和食の他に多様な食文化にふれる機会も多いだろう。

Twitterユーザーのkirenenko‏さん(@You_yan)はそんな“食”について、非常に興味深い発言をしている。

 

 

ドイツに行った友人⇒「毎日ジャガイモとソーセージとザワークラウトとビールしかなく辛かった」

日本に住んでるドイツ人⇒「日本人は毎日違うもの食べてて疲れる」と、毎日鮭弁当・・・

 

実に裏腹な回答だ。

さすがに毎日同じメニューでは飽きてしまうが、毎日3食違う物を食べる事も疲れてしまう。

というよりは、献立を考える事に疲れるといった方が正しいだろうか。

子供も旦那も「何でもいい」としか答えてくれない主婦にとっては、ドイツ人の考えに共感するのではないか?

これに対し、Twitter上では賛同の声が集まっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


あなたはどっち派?

 

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。


この記事に関するまとめ