沖縄県うるま市で起きた女性会社員の死体遺棄事件を受けて、アメリカ人たちがプラカードを掲げる姿がTwitterで報告されている。

5月28日から29日にかけて、炎天下にもかかわらず、アメリカ人たちは国道58号線沿いに立ち、走る車に頭を下げていたのであった。
 


 


 
掲げているプラカードには、「沖縄と共に悲しんでいます」「沖縄のためにお祈りしています」と書かれている。

クリスチャン・シアンコ牧師が信徒らに呼びかけて、この活動を行ったという。

この活動には、信徒ではないアメリカ軍人なども参加した。

アメリカ人たちのこのような姿を見たTwitterユーザー・hajiuson 2016(@hajiuson_0118)さんは、「ホテル出て58号線に入ったら炎天下の中アメリカ人が頭下げて来た。胸が痛みますな。いい人もたくさんいるのに。」と、コメントしている。

 

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。








この記事に関するまとめ