南米の国ウルグアイ、その国内にて営業しているとあるカジノにて信じられない大勝負に出たブラジル人の男性が話題となっている。

彼がベットしたのは、なんと総額約1000万円(10万ドル)。それも分散させて“安牌”を狙うのではなく、イチかバチかの一点賭けだ。

当たれば天国、外れたら地獄。運命の女神の裁断は果たして・・・。

 

 

奇跡である。

なんと、なんと信じられないことに、男性のベットは見事大当たりを引き起こしたのだ。

この結果、当然ながら賭け金は規定の倍率に従って、増額し払い戻される。もし先に説明したような分散ベットを行っていたら、ここで帰ってきたのはせいぜい二倍程度だっただろう。

だが男性が狙ったのは文字通り一点のみ。そしてその倍率はなんと『35倍』だったのである。

つまり彼は、一晩にしてなんと約4億円(350万ドル)を超えるお金を獲得し、名実ともに億万長者の仲間入りを果たしたというワケだ。

聞くところによるとベットするのに使ったお金は、本人のみならず友人たちからも募ったものだったとか。

当たりが決まった瞬間、周囲の人たちがあれほど喜んでいたのも当然だろう。

それにしても、なんとも羨ましい・・・。

 
(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(alien agenda 888)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ