画像出典:写真AC

 

ヤマト運輸の長時間労働が何かと問題になっている。

つい先日も再配達を減らすため、配達料金の見直しなどがあった事は記憶に新しいだろう。

というのも、Amazonなどの通販サイトで『お急ぎ便』を使い、早い配達を希望するサービスが一般化している事が原因の一つとも言える。

通販サイトの口コミを見ても、ショップ側の手配のせいなのか定かではないが「到着までに時間がかかって不安だった」という書き込みを見かける。このような事も“注文したらすぐにお届け”という流れを引き起こしたのかもしれない。

そこで通販サイト『LOCONDO』(ロコンド)から、視点を変えたサービスが実装された。

 

 

 

その名も『急ぎません。便』だ!

通常配送の“お急ぎ便”よりも安い価格で利用でき、尚且つ基本は3日以内には届く目安だそうだ。

用途によって配送日数や料金を選択できるのは良いシステムである。

これで配送業者の負担も減るのであろうか・・・。

 

■Twitter上の反応

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『LOCONDO』での評判が良ければ、もしかしたらAmazonなどの他通販サイトも取り入れるかもしれない!?

まずは現場の声を聞いてみたいものだが・・・今後の動向に注目していきたい。

 

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。








この記事に関するまとめ