日本のみならず、世界でもペットとして大人気の愛玩動物ハムスター。

当たり前のように受け入れられている“ハムスター”という名前だが、どこの言語の、どういった単語に由来しているかご存じだろうか?

恐らくは、知らないという人が大多数だろう。それは、多くのTwitterユーザーも同じだったらしい。

先日、堅飯半膳 (@GQ8if)さんから、由来についての“解説”ツイートが行われたのだが、この投稿が、たった1日でリツイート2万弱という大きな拡散を起こしたのだ。
 


 
ただ、この“説”には異論もある。

例えば、Wikipediaにはその逆、つまり『ハムスターの食料を溜め込む習性から、ドイツ語の「貯め込む(hamstern)」という動詞が生まれた』という異説が掲載されている。

では、ハムスター(hamster)というワードそのものは、一体どこから来たのだろうか?

海外の研究によると、それは古高地ドイツ語という古代言語の『hamastra』という単語に起源を有し、更には古代教会スラヴ語といった言語にまで、その関係性を辿れるものでもあるらしい。

いずれの説が正しいにしても、小さなネズミの名前1つにここまで深い歴史があるとは、なんとも驚きな話ではないだろうか?
 

■Twitter上での反応

 

 

 

 

 

 

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。


この記事に関するまとめ