「目の前の電柱に雷が落ちた瞬間」を偶然撮影した動画が大きな話題を呼んでいる。

一瞬の出来事だったが、撮影者は「死んだかと思った」そうだ。

 


投稿者によると、広島県の自宅ベランダで撮影したものらしい。

まさに危機一髪! 無事で何より・・・。

自然の力は本当に恐ろしいものだ。落雷の危険性があるときは、できる限り安全な場所へ避難して欲しい。

 

■安全な空間に避難できない場合の対応

画像出典:気象庁/雷から身を守るには

気象庁によると、近くに安全な空間が無い場合は、電柱・煙突・鉄塔・建築物などの高い物体のてっぺんを45度以上の角度で見上げる範囲で、その物体から4m以上離れたところ(保護範囲)に退避するのが良いとされている。

高い木の近くは危険なので、最低でも木の全ての幹・枝・葉から2m以上は離れること。姿勢を低くして、持ち物は体より高く突き出さないようにする。

雷の活動が止み、20分以上経過してから安全な空間へ移動。

 

■屋内・車内にいる場合の対応

鉄筋コンクリート建築・自動車(オープンカーは不可)・バス・列車の内部は比較的安全な空間である。

また、木造建築の内部も基本的に安全だが、全ての電気器具・天井・壁から1m以上離れれば更に安全とのことだ。

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:気象庁/雷から身を守るには
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。


この記事に関するまとめ