記事提供:しらべぇ

 

KhongkitWiriyachan/iStock/Thinkstock

KhongkitWiriyachan/iStock/Thinkstock

日本人選手のメダルラッシュが続くリオ五輪。17日未明には卓球女子団体が銅メダルを獲得し、2大会連続のメダルとなった。男子団体も銀メダル以上をすでに確定していて、日本の実力を世界に見せつけた形だ。

そんな中、卓球の試合を見ていた視聴者からは、こんな声が寄せられているという。それは「どこの国にも、中国人が多すぎやしないか?」というものだ。

 

■シンガポール代表は3分の3で中国女子

たとえば、強豪ドイツ代表女子は、3人中2人が帰化中国人。その他にも、アメリカ・オーストラリアなど多くの国で見られ、とくにシンガポールは全員が中国出身である。

たしかに、中国は卓球の強豪国として有名。そこで代表に入るのは至難の業であり、外国に帰化したほうが本人にとっては好都合なのだろうが……「一体、なんの代表しているの?」と納得できない人は少なくない模様である。

 

 


また、中にはこの件を通じて中国に不信感を抱いてしまう人も。

 

 


 

■隣国・韓国では「帰化」を却下

一方で、このような帰化や養子縁組に対して裁判所が「NO」を突きつけるケースも増えているようだ。たとえば隣国・韓国のソウル家庭裁判所は今月、韓国人夫婦による中国国籍の卓球選手(10代)との養子縁組申請を却下した。

現地新聞の報道によると、韓国人夫婦は今年初旬、国際大会に出場させることを目的として、19歳の中国人女子選手との養子縁組を申請。

しかし、家裁は国際大会への出場のために、国籍を取得をするという行為を疑問視。選手が恵まれた家庭で育ち、本当の両親と不仲でもないことや、原告夫婦とも競技以外での接点がないことなどを指摘した。

冷静に考えて今回の一件は「養子」などではなく、「偽装」そのもの。韓国卓球界が組織ぐるみで工作していた可能性もあり、もしそうだとするとスポーツマンシップからは程遠い。

 

■中国嫌いな人が増えてしまう恐れも?

sirabee20160725chinalike2

なお、しらべぇの過去の調査では「中国のことが嫌い」と答えた人は、「好き」と答えた人を上回る結果となっている。五輪は普段対立していたり、緊張関係にある国同士の距離が縮まる場のはずだが、「帰化問題」が原因で印象が悪くなるのはもったいない話だ。

人種や国籍という、繊細な問題だけに議論が難しいが、今後世界がもっと国際化していくことを考えると、どこかで納得のいく線引が必要になるだろう。

・合わせて読みたい→「中国が嫌い」なのはどんな人? 日中関係の未来に希望はあるか

(取材・文/しらべぇ編集部・クレソン佐藤

 

qzoo【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年1月22日~2016年1月25日
対象:全国20代~60代の男女1340名(有効回答数)


Appstoreロゴ


 
しらべぇアプリを今すぐダウンロード(iOS)


android_logo


 
アンドロイド版はこちら

 
 

関連記事
高知県は隠れた「モーニング王国」 移住したくなるので旅行者は注意
リズム感ゼロでも「よさこい」は踊れるのか?本場・高知で挑戦
【リオ五輪】日本快挙の7人制ラグビー その醍醐味は
素肌に直シャツ男子のアレが気になりすぎ…女子「ホントにヤバいです」
【感動】たった3分で「母の大切さ」を感じられる動画が美しすぎる/a>

 

記事提供:しらべぇ

 

☆しらべぇFacebookページ☆

☆しらべぇTwitter☆








この記事に関するまとめ