なぜ、志望先の会社で働きたいと思ったのか。

その理由と、そして熱意を担当の面接官に熱くアピールする。

就職活動の際の企業面接といえば、基本的にこのように対応するものだろう。

だが会社側も、受けてきた全員を通すわけにはいかない。なので時には、あえて意地悪な質問を投げかけ、相手を振るいにかけることがある。

Twitterユーザー・がたろう TTLでCPUを作る爺 (@duo6750)さんが紹介している“本当にあった採用面接”も、そんな選別のための問いかけであることは間違いないだろう。

一見無害な世間話なのだが、そこには極悪なトラップが仕込まれていたのだ。
 


 
こ、これは究極の難問だ・・・。

何と言っても、相手の会社全体がどのような人材を求めているかを、たった数秒の間に見極めなければならないのである。

しかし仮に下調べを行い、事前情報としてこの“裏ネタ”を掴んでいたとしても、やはり返答には困ることだろう。

“ネームバリュー”に惑わされない力を持つという点か、あるいはしっかりと社長に気を利かせられる点か。そのどちらを求められているかは、企業HPなどには、当然掲載されていない。

とりあえず、そのような複雑な要素を省いて考えてみると、本件は学生1~3番の方が勉強は出来るのだが、4番の方が知恵はしっかりと回る感じであろうか。
 

■Twitter上の反応

 


 


 


 


 

 

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。








この記事に関するまとめ