アメリカ・カリフォルニア州に住む、シェルビー・ヘンリックさん。

彼女が先日行った「病院に犬をコッソリ連れ込んた」というツイートが海外で話題を呼んでいる。

内容からして炎上でもしたのかと思われるかもしれないが、そうではない。

むしろ賞賛と、感動の意味で大きな反響を呼んだのだ。

実はその病院には、シェルビーさんの祖母が入院していたのである。
 


 
搬送されたのはこの出来事の数日前、自宅で派手に転倒したのが原因であるそうだ。

シェルビーさんは大のおばあちゃんっ子で、普段はもちろん入院してからもお見舞いに頻繁に通っていた。そこで祖母が愛犬パッツィーちゃんに会えず、非常に寂しがっていることに気が付いたという。

「厳密に言えば、“密輸”は母のアイディアなの。丁度家の近くを通ったときに相談の電話が入ったから『やるわ』って答えたわ」とシェルビーさん。

ただアイディアはあれど、作戦は完全にアドリブだったとのこと。

車に偶然積んでいたタオルケットでパッツィーちゃんを隠して院内を進み、何とか病室へとたどり着く。

“包み”を見たおばあさんは最初、シェルビーさんが妹夫婦の赤ちゃんを連れてきたと勘違いしたそうだが、すぐに正体に気付き大喜びしてくれたそうだ。

ただシェルビーさんも、まさかSNSでここまで反響があるとは思っていなかったらしい。

彼女曰く「だって『いいね』が数十万回ですよ!? まあそれだけ、世の中には犬好きが多いんでしょうね」であるそうだ。

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照:Metro/Girl smuggled in her grandmother’s dog while visiting her in hospital
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。








この記事に関するまとめ