画像出典:Mail Online

 

近い将来、性病を患った男性が装着すると「変色するコンドーム」が発売されるかもしれない!?
 
 

イギリスで開催されている11〜18歳による技術開発イベント「TeenTech」で、健康部門の最優秀賞を受賞したアイデアが世間を騒がせている。
 
 
アイザックニュートンアカデミーに通う学生が企画したこのコンドームは、『S.T.EYE』と名付けられた。
 
 
梅毒の原因となるヒトパピローマウイルスでは紫、ヘルペスでは黄色、クラミジアでは青など、病気によって色が変わるということだ。

 
 

画像出典:Mail Online

 

開発者のダーニヤール・アリくん(14)は、
 
「僕たちはこれからの未来を担う新たな性病検出の手段として、この商品を企画しました」
 
「医者に行くことを躊躇している人でも、自宅で手軽に検査できるものをつくりたかった」
 
と、この商品を企画した意図を説明している。
 
 

画像出典:Mail Online

 

あくまで、まだアイデア段階なので、実現されるかどうかはわからない。
 
 

しかし、この年齢にしてこの発想! すばらしい。

 
 

※技術開発イベント「TeenTech」の模様。全編英語になります。

 
 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:Mail Online/’Glowing’ condoms could soon reveal if you have an STI: Students design smart contraceptive to detect disease
参照:Teen Tech/TeenTech Awards 2015 : The Results
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)

 








この記事に関するまとめ