2月3日節分の日、豆まきをする習慣があるとともに、最近では恵方巻きを食べる機会が全国的に増えてきた。

コンビニやスーパーなどでも積極的な販売が展開されていたが・・・。一方で恵方巻きが廃棄される現実があるようだ。

 


おそらく大量発注したはいいが、2月3日を過ぎてしまえば途端に売れなくなるので、廃棄となるのだろう。

真偽のほどは定かではないが、売れ残った恵方巻き14万円分を店長が自腹で買い取ろうとするケースもあるようだ。
 


Twitter上ではほかにも恵方巻きの廃棄について報告が見られる。

 


恵方巻は、恵方(今年は南南東)を向いて、何も話さずに願い事を思い浮かべながら食べきると良いとされている。

季節ものである限り、売れ残りはあるだろうが、過剰な仕入れ数になっていなかっただろうか。ゴミの山を築くだけの慣習になってはいけない。

 

【大食い】節分なので60㎝恵方巻き食べるよ!

 
※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。








この記事に関するまとめ