画像出典:写真AC

“子供の躾”について、様々な意見や論争が出ている昨今。

家でも外でも所構わず不機嫌になり、大暴れして手が付けられない・・・そんな子を持つ親であったり、そんな光景を見かけた経験のある人もいるだろう。

まさに子育て中の人には、八方塞で息苦しい思いをしている人もいるのではないだろうか。

そんな中、こんな見方をしてくれる人もいるんだと安堵するツイートが話題になっている。

こむぎこ@最後まで読めさん(@kuyoumon1059)は支援センターでの出来事に感じた事を綴っている。

 

 

 



 

俯いていたのは「怒る気がない」のではなく、「躾がままならない」状況なのだと感じ取ったそうだ。

生後半年くらいの子を抱えながら上の子の躾も完璧に・・・とは、頭ではわかっていてもどうしてもできない時もあるかもしれない。

躾をしっかりしているつもりでも、寝ない子・やんちゃな子・自己主張の激しい子など、躾以前にその子の本来の気質も関係する事からなかなか思うように行かない事もあるのだろう。

傍からではわからない、それぞれ家庭によって事情も違うのだ。

きっとこのお母さんも、普段から上の子の躾も、下の子のお世話も頑張っていたのかもしれない。

“躾できない親”と一括りにしてしまうのはいかがなものか。

Twitterでは以下の反応が見られている。

 

 

 

 

 

 

 

 

子供うちは自分のやりたい事をまだまだ押し通すもの。

叱らない親がいるのも事実だが、毎日奮闘しながら子育てしている人がほとんどだろう。

あまり目くじらを立てず、見守る姿勢を持つ事も大事なのかもしれない。

あなたはどう考えるだろうか?

 

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。


この記事に関するまとめ