たとえ飲食店勤務の経験があったとしても、全く違うジャンルのお店に勤務すると感覚の違いに驚いてしまうこともしばしば。料理のテーマや国籍、ターゲット層やお店の広さなど諸条件が違えば意識するポイントもかなり違ってくる。

こちらの投稿では、飲食店勤務にて指摘されたことが紹介されているのだが・・・
 

 

 

 

 
宴会におけるサラダは、あえておいしすぎないように作ることで宴会客の食の『つなぎ』の役割を担っているのだという考え方。

『確かに!』とも思えるが、これに関してはお客の層や宴会のシチュエーション、テーブルの広さなどでも左右される事案だろう。

これに対しては『勉強になる』『やっぱり美味しい方がいいに決まってる』というように意見が二分したようだ。
 

◾️反応の声

 

 

 

 
他者の意見はどうあれ、このお店が流行っているのは事実。

この料理長の、お客に対する細かい心遣いが受け入れられているということだろう。
 

ViRATES編集人
深い。

 

画像出典:ぱくたそ

 
※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。








この記事に関するまとめ