16歳の女の子が、妊娠を装うサイト「FakeABaby.com」を利用して自らの妊娠を偽り、彼氏、家族、友達みんなをだましていたことが発覚した!

 

画像出典:FakeABaby.com

この女の子は三つ子を妊娠したとウソをついていたようで、お腹を大きく見せる道具から三つ子の超音波写真まで用意して誰も妊娠を疑わなかった。

 

画像出典:Mirror

しかも、ベイビーシャワー(赤ちゃんが生まれる前におむつなどの必需品をプレゼントするパーティー)でたくさんのプレゼントをもらい、まったく面識のないミシガン州の人から寄付金までもらった。

彼氏のジョーダンくん(16)はこう語った。

「妊娠を知って、正直怖かったけど嬉しかったんです。仕事探しを始めて人生すべてを生まれてくる赤ちゃんのために捧げる覚悟でした」

しかし、出産が近づくにつれて疑惑の声があがった。

彼氏の母親クリッシーは、息子の彼女が通っている医者の痕跡が見つからないことをきっかけに怪しいと疑いだした。「彼女は絶対に息子を病院に連れて行かなかったんです」と、当時を振り返っている。

その後、彼女は赤ちゃんを6週目で流産したとしているが、そもそも妊娠なんかしていなかったのではないかという疑惑をぬぐいきれない。

彼氏の母親は「彼女が簡単にできたんだから、誰にでも妊娠が偽れるはず。こんなサイトは閉鎖されるべきです」と、この妊娠を偽るサイトに怒りをあらわにしている。

さらに、現在は彼氏の家族は警察の手を借りて捜査を進めているそうだ。

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:Mirror/Teenager ‘faked pregnancy with triplets using false bumps and ultrasounds from FakeABaby.com’
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ