ノロウイルスなどが流行する冬も間近。

消費者庁は「手洗い」について、初めてアンケート調査を実施した。(※調査は10月23~27日、16~65歳の男女を対象にインターネットで実施。有効回答数は2千人)

その結果・・・。

・小便の後のみ手を洗わない 7.3%
・大便の後のみ手を洗わない 3.0%
・大便・小便後ともに手を洗わない 5.1%

なんと合計15%を超える人が、「トイレの後に手洗いをしていないこと」が明らかになった!

 

毎年1万人以上がノロウイルスによる食中毒になっている。感染した人の便には、1gあたり数億個のウイルスが含まれており、10~100個の極微量のウイルスを摂取することで感染が成立するとされている。

同庁は、食事の前やトイレの後は必ず、手の甲や手首まで洗い、十分に水で流した後、清潔なタオルでふき取るよう呼びかけている。

あなたは15%のうちに入っていないだろうか?

感染予防・汚染防止を意識し、正しく手洗いを心がけよう。

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照:消費者庁
参考:日本経済新聞/食事前「手洗う」5割、トイレ後「洗わず」1割 消費者庁調べ
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ