今年も残りわずか2カ月半を切ったところだが、来年の2017年度版カレンダーを購入予定の方はどんなカレンダーをお考えだろうか?もし、適当なデザインが見当たらなければ、ロシア発の、こんなものはどうだろう。

 

画像出典:dailymail.co.uk

ロシアのウラジミール・プーチン大統領の写真集となっているカレンダーである。現在、ロシア国内で絶賛・・・発売中だという。

「なんだよ、そんなのニュースでいくらでも見られるだろ」と言いたくなる人もいるだろうが、強面で有名なあのプーチン大統領が子猫を愛おしそうに抱きしめているものや、子供をかわいがるシーンも収められている、バラエティー豊かな内容のカレンダーなのだ。これは普段我々が報道で目にするプーチン大統領の姿とは少し、異なる。

 

 

特筆すべきは動物とのショットが多いこと。ネット上でもプーチン大統領と動物が一緒に写っている画像等をよく見かけるが、2017年年度版カレンダーでも同じだ。

 

画像出典:dailymail.co.uk

一方、やはりあのロシアのリーダーなので、マッチョさをアピールしたものも欠かさない。

 

画像出典:dailymail.co.uk

 

画像出典:dailymail.co.uk

去年も「プーチン・カレンダー」を発売しているロシアだが、2018年にはロシアで世界中が注目するFIFAワールドカップが開催されることもあり「友好的で、明るいロシア」を少しでもアピールしたかったのだろうか、内容も穏やかなのものが多い。

が、やはりロシア。プーチン大統領は子猫や子供と戯れて目を細めるだけではなかった。カレンダーにはこんな記述があるという。

「我が国は平和を愛する、自給自足の国。だから他国の土地など望んではいないし、資源についても同じだ。だが・・・ロシアが脅かされる事態となれば、国を守るために武器を取る用意はある」

こんな記述まであると、一体何を一番アピールしたかったのかがよくわからなくなってしまうが、興味をお持ちの方はロシアへ旅行する予定の知人・友人に頼んでみるといいかもしれない。店頭販売されているので、難なく手に入るだろう。

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:dailymail.co.uk/From Russia with Love: Vladimir Putin attempts cuddly kitten pose but ends up looking more like Bond villain Blofeld in new calendar celebrating the Kremlin overlord (presumably counting down the days to World War Three)
参照・画像出典:YouTube(Cunik NEWS)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ