年の瀬もせまってくるなか、新年の営業について三越伊勢丹の「英断」が話題となっている。

銀座三越、伊勢丹新宿店など複数の店舗で新年初売りを1月3日からとしたもので、1月1日、1月2日は休業日となる。

 

銀座三越など百貨店に洋菓子販売店を展開する「銀座ウエスト」は、「三越伊勢丹グループの新宿・銀座・浦和の3店は1月2日迄休業」とツイート。

利益追求よりも、テナントを含めた従業員の労働環境改善を重視したものとして感謝をあらわした。

 

数年来の業界有志による働きかけが実ったものであったことも明かし、「いつの日か日本の全ての百貨店・スーパーの従業員が正月三が日ぐらいご家族とゆっくり過ごせる様にしたいと思うのは夢物語なのでしょうか」と投げかけている。

このツイートには、百貨店やその他あらゆる店舗勤務に従事している多くの人々から賛辞が寄せられた。また客の立場からも「正月はゆっくり休んでほしい」「2日からの初売りはこちらもあわただしい」と支持する声や、「正月三が日はお店が閉まっていて家で過ごしていたもの」とお正月のしんとした街や家の中を懐かしむ声が寄せられている。

正月くらいゆっくり休もうよ。

 
(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:銀座三越
関連:三越伊勢丹ホールディングス
関連:銀座ウエストTwitter
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。








この記事に関するまとめ