画像出典:Sevilla FC

サッカーのスペイン1部リーグ、セビージャに移籍した日本代表MF清武弘嗣選手(26)。

7月5日に、セビリア市内の本拠地スタジアムで入団記者会見を行ったのだが、清武選手の「あの〜」という口癖が現地スペインを騒つかせている。

それもそのはず、「あの〜(Ano)」はスペイン語で「肛門」を意味していたのだ。

入団記者会見では、清武選手は何度も「あの〜」を連呼しているのがわかる。

 

 

清武選手の「あの〜(肛門)」連呼記者会見は、スペインで速攻ネタにされていた。

 


「なんてこった! 清武はアナル、アナル、アナルとばかり言ってるぞwww」「記者会見、肛門って単語しか耳に入ってこなかった」など、Twitterでも多くの驚きコメントが寄せられている。

無意識に「あの〜」という口癖が出てしまう人は、スペインに行く時は気をつけよう。

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(Sevilla FC)
参照:読売新聞/清武がセビリア入団会見、「大きな結果を残す」
参照・画像出典:Sevilla FC/KIYOTAKE: “QUIERO SEGUIR CRECIENDO EN MI CARRERA, ME DA IGUAL EN QUÉ POSICIÓN JUGAR”
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。




この記事に関するまとめ