耳かき、しすぎたり間違ったやり方を続けると良くないのです。
 
 

【耳かきしすぎないこと】

 

耳垢には抗菌作用、耳の皮膚を潤す作用があるため、取りすぎると耳にカビが生えたり、耳かきでできた傷に菌が繁殖したりしてしまいます。
 
 
 

【耳かきの頻度】

 

そもそも耳垢は普段の生活のアゴの動きなどで外に出ていくので、耳掃除は月に1回、多くて週に1回程度で十分です。
 
 
 

【耳かきのしかた】

 

耳垢は耳の入り口から1cmほどの部分にたまるものなので、耳掃除は耳かきを奥に入れすぎず、そっと行うようにしましょう。
 
 
 

【耳かきが気持ちいい理由】

 

耳掃除をするとき、耳の奥にある迷走神経という快感を生み出す神経が刺激されるので、耳掃除はとても気持ちよいのだそうです。

 
 
 

ちなみに、耳垢の湿り具合はアポクリン汗腺という汗線の多さによるもので、耳垢が湿り気味な人にはアポクリン汗腺が耳の中に多く、またその場合ワキの下にも多くみられるそうです。

 
 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照:耳掻き博物館/耳垢の秘密
参照:かみむら耳鼻咽喉科/正しい耳掃除の仕方
参照:メンズスキンケア大学/耳垢でワキガがわかる
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)
画像出典:Flickr(ボインEarpicks (ear cleaners) by hine)
 








この記事に関するまとめ