1940年に上映された「独裁者」の1シーン。

ヒトラーを連想させる独裁者と顔が瓜二つである主人公が、独裁者と間違えられ演説の場に。

ヒトラーの演説を想起させる場面で、主人公はそれとは全く逆のヒューマニズムに基づく演説を行なう。

チャーリー・チップリン自身によって書かれたスピーチで、史上もっとも感動的なスピ­ーチとも言われ世界中に広められている。








この記事に関するまとめ