今ロシアで大変話題になっているというクリスマスのCMをご紹介したい。

それはロシアの銀行『Moskovskiy Kreditniy Bank』のクリスマスシーズン向けコマーシャルなのだが、他企業のクリスマスCMとは一線を画す内容だという。

 

画像出典:YouTube(Московский Кредитный Банк)

この少女の母親は毎日夜遅くまで働くキャリアウーマン。母親のハードワークのおかげだろうか、遊ぶおもちゃには困っていない模様。だが、彼女はおもちゃ以上に望んでいることがあった。サンタクロースへの手紙にはこう書いている。

「私が何よりも望んでいるのはお母さんともっと一緒に過ごすことです。サンタさん、お願いします。お母さんを私のもとに戻してください」

 

画像出典:YouTube(Московский Кредитный Банк)

すると少女の手紙を受け取ったサンタクロースは・・・衝撃の行動に出るのである!

 

 

 

画像出典:YouTube(Московский Кредитный Банк)

サンタクロースはタクシードライバーに扮し、少女の母親を誘拐。

 

画像出典:YouTube(Московский Кредитный Банк)

母親をロープでつなぎ、厳しい自然の中を連れまわす。

 

画像出典:YouTube(Московский Кредитный Банк)

そしてサンタクロースと母親の旅も終盤に差し掛かった頃、サンタクロースは母親に紙切れを渡す。少女がサンタクロースに送った手紙だ。

 

画像出典:YouTube(Московский Кредитный Банк)

娘のさみしい気持ちを知り、母親は思わず泣いてしまう。そう、このコマーシャルのテーマは「クリスマスくらい、家族で一緒に過ごしましょう」というもの。母親の誘拐からスタートするこのコマーシャルは内容の特殊さもあり、大変注目を集めたそう。

共働き世帯が増える中、なかなか子供と過ごす時間が取れないお母さんたちにとっては少々、切ない気持ちにさせられるコマーシャルかもしれない。

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:thesun.co.uk/BAD SANTA World’s creepiest Christmas advert shows Father Christmas KIDNAPPING screaming mum and dragging her away to spend more time with her kids
参照・画像出典:YouTube(Московский Кредитный Банк)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ