中国・甘粛省にて、少年が高さ100メートルの崖から転落するという事故が起こった。

幸いにも、彼は地上から約30メートルの場所に広がっていた岩肌の隙間に挟み込まれ静止。

そのまま転落死という最悪の事態は避けられた。

だが次に「どうやって助けるべきか」という問題が持ち上がる。

地上側からこの子を救出する手段がなかったのだ。

崖の角度は厳しく、用意してきたハシゴも高さ不足で届かない。

だが、消防士たちは決断した。

頂上部分からロープで降りて少年を拾い上げ、そのまま地上に戻るというリスクの高い計画を採用することを。
 


 

降下した消防士は、少年を無事助け出し、救出ミッション完了。

この子が後に語ったところによると、友人たちと遊んでいたところ崖から脚を踏み外し、このような事態になってしまったのだという。

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:LiveLeak(PressTV)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ