2011年3月11日午後2時46分、東日本大震災が発生しそして福島第一原発事故が起きました。

想像を超える被害をもたらした原発事故の現場には“Fukushima 50”(フクシマフィフティ)と呼ばれた作業員がいたのです。

東日本壊滅の危機が迫る中、死を覚悟して発電所内に残った人の真実を描いた映画『Fukushima 50』が2020年3月に全国公開されます。

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(fieldcasterjapan)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ