今から70年前、ディズニーは女性の体を学ぶためのアニメーションをつくっていた。ウォルト・ディズニー制作『The Story of Menstruation(月経のおはなし)』。

 

 

1946年につくられた10分間のアニメーションは、これから女の子の体に起ころうとしていることを順に知らせてくれる。

未知の変化を迎えるそのときに、そっと寄り添うように。当時、これを教材にして、女子たちは心の準備をしたのだろうか。

少しクラシックな気持ちでご覧あれ。
 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(estunum)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)




この記事に関するまとめ