現代では当たり前のように動物をペットとして飼い共に暮らしているが、昔はペットという文化が当たり前ではなかった。

こちらの投稿では、大正時代の日本の『ウサギの飼い方』なる本を発見したらしいのだが・・・
 


 


 
前半は飼育方法が書かれていて、こんな昔にもペットの飼い方なんて本があったのかと関心する。

しかし後半には飼育したウサギの調理方法が・・・!

時代背景を考えれば当然といえば当然なのだが、なんだか複雑な心境になってしまう・・・!笑

これにはTwitterユーザーも様々な反応を見せた。
 

◾️反応の声

 

 

 

 

 
愛着が湧いてから食べるというのもなんだか辛いものがあるだろう。

食用は食用、ペット用はペット用と考えることができる現代のシステムに感謝。
 

画像出典:ぱくたそ

 

ViRATES編集人
勉強になった。
ViRATES編集人

 
※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。








この記事に関するまとめ