海外に入国する際、絶対に通らなければならない入国審査だが、この審査官が自分の国に対していい感情を持っていなかった場合、どのような対応をされるのだろうか。

 

画像出典:dailymail.co.uk

イスラエル人のタル・ヤコビさんはアルゼンチンから国境を越えてチリに入国する際、イスラエルに嫌悪感がある審査官だったがために、パスポートにとんでもないモノを落書きされてしまった。

これがその落書きである。

 

画像出典:dailymail.co.uk

完全に男性器の絵である。しかも絵の下には「パレスチナ、万歳!」の一文。要はこの審査官はイスラエルとイスラエル人が嫌いなのである。

こんな仕打ち以外にも、パスポートを返してもらう際、ヤコビさんの顔面にパスポートを投げつけてよこしてきたという。

「私がイスラエルのユダヤ人だという以外、理由が見当たらない」。

ヤコビさんは怒りと悲しみを込めてコメントしている。

イスラエルからチリまでの距離、1万3000キロ以上を超えても、差別や偏見はあるようだ。

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:dailymail.co.uk/Israeli holidaymaker claims Chilean border official defaced his passport with a drawing of a penis
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)




この記事に関するまとめ