『メルカトル図法』と呼ばれる図法で描かれている一般的な世界地図は、球体である地球を長方形の平面におこしたものであるため実際の比率とは異なる。

地球儀では小さいはずの南極大陸が、世界地図では大きく描かれていることを見ればお分かりだろう。

では他の国々はどれくらい実際の大きさと異なるのか?こちらの投稿を見れば一目瞭然だ。
 


 
日本やアフリカ大陸、南アメリカなどは大きさにそれほど差異がない。

しかしカナダやロシア、グリーンランドなどの高緯度の国々の実際の大きさはかなり小さいことがわかる。

一番下に位置する南極も改めて比較するとかなりの差だ。

赤道から離れるほど、メルカトル図法においては大きく描かれているのだ。

把握したからといって我々の通勤通学が短く感じるわけでは決してないが、一つのウンチクとして覚えておいて損はないだろう。
 

めっちゃ勘違いしてました。
ViRATES編集人
ViRATES編集人

 
画像出典:ぱくたそ

 
※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。








この記事に関するまとめ