昨年5月、岩手県滝沢市で、アイドルグループAKB48のメンバーらが切りつけられた事件で、

盛岡地裁は10日、傷害などの罪に問われた無職の梅田悟(うめださとる)被告(24)に対して、

懲役6年(求刑懲役7年)の判決を言い渡した。

 

起訴状によると、梅田被告は昨年5月25日、滝沢市で行われたAKB48の握手会会場で、

川栄李奈(かわえいりな)さん(19)と入山杏奈(いりやまあんな)さん(19)、20代の男性スタッフに、
カッターの刃を貼り付けた折りたたみ式のこぎりで切りつけ、重傷を負わせた。

盛岡地裁の岡田健彦裁判長は、

「犯行は残忍で一歩間違えれば命さえ奪いかねない。被害者の精神的苦痛は大きい」

と述べたという。

【TBS News-i】AKB48襲撃の男に懲役6年の判決

(※↓詳しくはコチラへ)
参照:岩手日報/【速報】AKB襲撃の被告に懲役6年 盛岡地裁判決
参照:朝日新聞/AKB襲撃、懲役6年判決 盛岡地裁「命奪いかねない」
参照・画像出典:YouTube(TBS News-i)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ