広島県で11月20日に行われた「胡子講(えびすこう)」で、2台のバイクが歩行者に突っ込んだ。

その模様が動画で撮影されている。

 

 
「胡子講」とは、広島市中区の胡子神社で開かれるお祭りで、中央通りが歩行者天国となってにぎわう。

こんな人混みを、バイクで突っ込むとは非常に危険な行為だ。

動画で見る限り、2台とも歩行者によって蹴り倒されている。青い服の男性と、赤い服の男性は、待ち構えていたようにも見える。

 


 


 


 

現場は騒然となり、バイクに乗っていた人物は警察によって逮捕された模様。

バイクは生身の人間にとって凶器となる。当然小さい子どももいたことだろう。何を考えるのか・・・。接触した通行人が救急車で運ばれたという情報も入っている。

 

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。




この記事に関するまとめ